【Vtuber歌ってみた紹介】天月こよみ/Wishing

Vtuber歌ってみた

今回ご紹介するのはVtuberさんのアニソンカバーです。
カバーを投稿されたのは”電子の社においでませ。参拝者を増やすべく下界におりてきたバーチャル月の女神。ギザ歯な女神は好きですか?”【天月こよみ】さんです。

楽曲はアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」よりレム役の水瀬いのりさんが歌う挿入歌Wishingです。アニメ1期18話のあの感動的なシーンで流れる神曲ですね。

プロフィール

名前 :天月こよみ (W-WaVE所属)

誕生日:04月25日

Twitter  Youtube

活動

2019年07月より活動を開始されたV-WaVE所属の女性Vtuber【天月こよみ】さんです。
2019年05月にTwitterにてお披露目があり、同年07月にYoutubeにてPV動画と初配信を経て活動を開始されました。

天月さんのYoutubeチャンネルではOverwatchiやApexLegendsといったFPSに特化した配信や他のVtuberさんとの企画が多くみられますが、ASMRの機材の導入やスマートフォンアプリ””showroom”や”mixch”での配信など活動の幅はそこに留まりません。


Vtuberとして最大の強みである「声」を生かす活動に力を入れており、アプリゲームのCVや広告アンバサダーを務めました。

現在までの音楽活動

天月さんはこれまでにオリジナルPVを使用した歌ってみたを3曲投稿しています。

楽曲は「No logic」「とても素敵な六月でした」とどちらもご自身の声に合った選曲をしており、彼女のリスナー”参拝者”からの声への評価はもちろん高い。後述する「Wishing」も歌い出しから声の良さを感じさせる作品となっています。

選曲は懐かしのボーカロイド曲から特に人気の高いものにしているところから流行り曲を知らない方も楽しめる上、同時期の競合も少ないという点で一石二鳥でありブランディング能力の高さが伺えます。


今作について

レム(水瀬いのり)/Wishing

天月さんは今回アニソンのカバーという形での投稿となりました。楽曲「Wishing」はアニメ好きなら聞けば分かる程で、2016年の発売から人気の衰えない名曲です。

柔らかい曲調のバラードとなっており、歌の技術力しかり表現力も露骨に出てしまうのでそういった点に焦点を当てていきます。

天月こよみ/Wishing


作品のレビュー


再生15秒の歌い出しから脳が飛びます。

声について語る前にまず過去の音楽作品を聞いてみてください。

「ぱすたすきゃっと」 クセになるかわいさ
「No Logic」 さわやかの中にも生きている歌の癖
「とても素敵な六月でした」 男も惚れるかっこよさ

ここまで曲に合わせた歌い方をする方はあまりいません。

声に力を入れているとあって、もはや演技力の類です。この歌い分けを意図していれば流石と言わざるを得ませんし意図せずそう歌ってしまっているなら生粋の声優ということなのでしょう。歌い方は今回を含めて4種類見れるわけですから今後の音楽作品ではどんな顔が見られるのか注目せざるを得ません。

歌について

さて動画開始15秒で飛んでしまいましたがこれは反則級のかわいさでした。幼さでもないこれは「あざとさを知っているメイド」そのものです。

数回聞いた私の中では歌っているのがレム(CV.天月こよみ)になっていました。

尊すぎて死人が出る可愛さについてポイントになるのは天月さんの歌い方にあります。

ピッチをアタックで合わせないところが各所に出てきますがこれは舌ったらずな感じが出て幼さを含む可愛さが増します。ピッチについてはMIX作業で修正できますので、これは部分的に残したか天月さんがポイントにだけアクセントとして配置したかになり双方の技術面の高さがなせる技と言えます。

今作の天月さんの歌には流れるように線で歌う中に置くような点で歌う部分があります。特に顕著なのは2サビ後のCメロで軽やかな線の歌い方から落ちサビでのひとつひとつ丁寧な歌い方はスタンディングオベーションです。立って記事を書きます。

曲の構成について(MIX含む)

可愛さについては書ききれないので次は作品全体の構成についてです。

こちらの作品は1サビ終わりまでエレキベースとパーカッションがなく、それを生かすかのように1番にはサビに至るまでハモリがありません。instを作った方が原曲に近い形で制作していたのでシンガー、アレンジャー、ミキサーの構想がマッチした最高に原曲をリスペクトした作品です。

2番から音色も増えて賑やかになりますが声関連は落ち着いた雰囲気のままサビからコーラスが入りふわっと広がりを見せます。

そしてCメロを挟んで落ちサビの導入で再度天月さんの声を聞かせるようにフォーカスしてラスサビを持ち上げすぎず駆け抜けます。各サビで歌い方を変えて抑揚を加え、泣かせるように歌うことも可能ですが一貫した歌い方により利き手の感情が大きく左右されない事で最後まで声を堪能できます。

あとがき

今回はV-WaVE所属のVtuber天月こよみさんが歌う「Wishing」を紹介させていただきました。記事を書くために聞き込んでいましたが聞けば聞くほど作り込みと声の良さを感じ、ここまで完成した作品に出会えたことを感謝します。

当サイトでは筆者の紹介を通じて読者様の推しが増え、Vtuberさんの活動意欲が向上することを目的としておりますので是非、紹介させていただいた動画のチェックをよろしくお願いいたします。

また、公式Twitterでは記事で紹介しきれない最新V歌情報を発信しておりますのでフォローしていただけますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました